年度方針

2018-19年度国際ロータリー会長バリー・ラシン氏の
RIテーマは

「インスピレーションになろう」(BE THE INSPIRATION)

です。
会長写真
2018-19
会長 平野 好道


【RI会長 ロータリーの目標】
 
  • 1.クラブのサポートと強化
  • 2.人道的奉仕の重点化と増加
  • 3.ロータリー公共イメージと認知度の向上


また、第2760地区2018-19年度、ガバナー村井總一郎氏のガバナー方針は
『あなたの街でロータリーを!あなたの街からロータリーを!』です。

ーロータリーの奉仕の理念を学び、奉仕の実践をしようー

  • 1.分区内交流活動を推奨します
  • 2.工夫した例会を開催しましょう
  • 3.ポリオ撲滅に貢献する活動をしましょう
  • 4.会員増強を行いましょう
  • 5.ロータリーデーを楽しみましょう
  • 6.ロータリー賞へ挑戦しましょう
  • 7.ハンブルクで行われる国際大会に参加しましょう
  • 名古屋瑞穂ロータリークラブは、今年度創立39周年を迎え、40周年まであと1年です。また、2020年にはIEもホストもつとめますので、その準備を行います。今年の会長方針は「継続と変化」です。これまでの名古屋瑞穂RCの伝統を継続しつつ、次の一歩を踏み出すような取り組みを考えましょう。


クラブの活動計画
1)会員相互の親睦を深め、明るく楽しい活気あるクラブにする
2)例会時に月1回程度会員にショートメッセージをしてもらう(会長挨拶時)
3)他クラブへの訪問を推奨する
4)青少年奉仕(ローターアクト、インターアクト)への支援を高め実施する
5)ポリオプラスプロジェクトおよびWFFへ協力する
6)台北延平RC、国内友好クラブとの親睦と友好を深める
7)会員増強純増2名をめざす
8)クラブの組織についての検討を行う
9)ロータリー賞に挑戦する(MyROTARYの登録者を増やす)

会長スローガン
「継続と変化」

 
Copyright Nagoya Mizuho RotaryClub All rights reserved.